薬での激太りにご用心

以前は精神病に対する偏見から心の病気で病院に行くのは気が引ける、
ということが殆どだったのですが、最近では特に「うつ病」で気軽に
精神科や診療内科を受診するのに全く抵抗感がなくなってきました。

早めに心の病に対処し、早期発見早期治療ができますので、この風潮は
大変歓迎すべきもですよね。

さて、ここで1つ注意があるのです。

社会的に受け入れられてきた心の病なんですが、最近では
「病気」とは程遠く、人に生まれたからには誰にでもある
失恋、仕事のストレス、人間関係による気分の落ち込み・・・
といった「うつっぽい気分」というだけで病院を受診するケースが
増えてきたそう。

そのおかげで医師も忙しいのか、「精神病なのかな、そこまでは
いってないようだが・・・」とあやふやな状況であっても

患者さんが「わたしの気分がよくなるように、抗うつ剤をください」
とか、「不安で夜眠れないので、睡眠薬が必要です」、

「何だか不安で落ち着かないので精神安定剤を下さい」と強く希望
すれば、医師は

「分かりました。それでは差しあたって●●を試してみましょうか。」
みたいになって、はっきりした病気と診断できない場合であっても
お薬が比較的簡単に処方されてしまうようなのです。

Comments are closed.