親が痩せると子供も痩せる

最近では無料講座の参加者の一部は、痩せたいと願うご本人ではなく、
そのお母さんであるケースが時々あるようです。

事情はこんな感じです。

「うちの娘(息子)が拒食症になってしまいました。もともと太っていた
のですが、思春期に入りまして体型を気にするようになってしまいました。」

全部といっていいくらい、お母さんから寄せられるメールにはこのような
悩み、心配が語られています。

で、橋本がお母さんであるあなたにお伝えしたいのは、ダイエットで
最も効果が高いのは、ダイエットをしたい本人が自分の意思で参加される
ことなのです。

もっと正確には、「親に秘密でこの『食べるダイエット』を実践する」時なのです。

別にダイエットに限ったことではありません。 子供が何かをやり遂げるのは
自分が選んで自分がやりたいと思ってスタートした時であるようです。

反対に親に「●●をやりなさい。これがいいわよ」と言われたものに対しては
子供は無理にでも反抗してやらない、やりたくないというのが、
人類始まって以来変わらない、黄金の法則なのですね。

特にダイエットの場合は子供の反抗心は強烈に働きます。

「どうせ、何だかんだ言って、私(オレ)を太らせたいんでしょ」

というのがこれまたダイエットに熱心な子供たちに共通の反応。

お母さんであるあなたが言うことを、子供さんは分かってはくれないでしょう。

よほど信頼のある場合は別ですが、思春期の子供は大人にそれほど
信頼を寄せない時代にいます。

ならば、大切なあなたのお子さんが不健康に痩せ細ってしまうのを
放っておくしかないのか、と言われるでしょうね。 

ダイエットに突っ走る子供さんをスローダウンさせるのは至難の業である
ことをまずご理解ください。

その上ですごく効果的なやり方を1つ(多分、この1つしか存在しないと
思いますが)、お伝えしますね。

それは・・・お母さん自身がまず「食べるダイエット」をお子さんの前で
実践し、きれいに痩せていく姿をそのまま見せてあげることです。

これが一番お子さんにとって説得力があります。何も言わなくてもいいので
ただ黙って見せてあげればいいのです。そのうちに、お子さんが

「お母さん、秘密にしないでおしえてよ。私に隠れてすごいダイエット方法
をやっているなんて、お見通しよ!」

とすごい剣幕できいてくるに違いありません。 どの程度の剣幕であるかは
お母さんがどれだけ上手に食べるダイエットを実行できるかにかかっています。

そして食べるダイエットに成功したお母さんと一緒にダイエットできるお子さんは
とても幸せ物といえるでしょう。あまりそんなに恵まれた状況でダイエットできる
お子さんはいませんから♪

Comments are closed.